株式会社ダイワハイテックス

記事一覧(57)

ダイワハイテックス、作業BGMを取り入れ始めました。

集中したいときには無音&薄暗い照明&ハードグミ。運動時には硬派なバンド曲を聴いているダイワハイテックス矢内です。タイトルの通り、この度、D-Laboの放送設備工事を行うタイミングで、ダイワハイテックス東京本社とD-Laboの2拠点でUSENを導入しました!導入して約2週間、実際に音楽が流れている社内で仕事をしてみて、音楽の雰囲気が、オフィスイメージに直結するものだなと感じました。穏やかなBGMがかかると、そこで働く社員の心理状態も穏やかそうに見えますし、時間の流れもゆっくりとしている気がします。その雰囲気の中で、香りが華やかなハンドクリームを塗ったら、ここはクリニックなのかな、と錯覚してしまうほど。(あくまでも私の体感ですけど 笑)「作業BGM=作業効率UP」というイメージを持っていましたが、実際にオフィス内BGMを取り入れている企業の事例を見てみると、“作業の効率UP”よりも“社員のメンタル”や“コミュニケーション”として用いているのが目につきました。多くの社員がいるオフィスだと、他人の会話が気になって集中できなかったり、無音で社員と話しがしにくかったりしますが、BGMがあると声の広がりを抑えられるため、コミュニケーションが図りやすくなるそうです。このほか、PCのタイピング音や咳などのちょっとした不快音も届きにくくなるようです。(マスキング効果というらいしい)作業のスピードが上がる音楽がどんなものなのかは、個人の嗜好が影響するようです。(“作業効果 音楽 論文”で山ほど出てきますので、気になる方はぜひ調べてみてください)細い音量ではありますが、お電話口や来社時に聴こえた際には、ダイワハイテックスの職場環境整備の一環だと思ってください^^

ばえと、伝わるは別物。

先日、板橋区にあるプラネタリムに行って彗星について学んできました。ダイワハイテックス矢内(やない)です。彗星は流れ星とは異なり、水で出来ているそうです。そして、プラネタリウムは部屋全体のことではなく、映写機単体の呼び名だそう。小学校の遠足のような学び方もたまにはいいなと感じた1日でした。とはうって変わって、同期と一緒にランチに出たときに自己啓発の話をしたのですが、その社員はYouTubeを見たり、運転中に聞いたりして学んでいるそう。(どこかの学習塾の勉強スタイルだなと)この冬休みはYouTubeで何か仕事に還元できるようなことを学んでみようかと思います。さて、2019年最後のブログは先日行ったMeet UP!の報告をしようと思います。日頃、仕事で部品の写真や社内雰囲気を撮る際には、会社の一眼レフで撮っていましたが、社員に貸与されているスマートフォンでも大差ないというのを、実体験してもらおうかと“伝わる写真撮影のコツ”というテーマで行いました。(一眼で撮れば何でも綺麗に写ると思うのは誤り!)実際に撮りながら会を進めていきました。まずは、(・◇・)<本社の休憩室の写真を撮ってください。というお題「種類豊富な紅茶やコーヒーのドリンクスタンドが休憩室の魅力!」という社員の写真。

今年もこの季節がやってきた!

日々、Instagramでかわいい動物の写真を見ては心を癒しているダイワハイテックス矢内です。(特にうさぎとコツメカワウソ見てます。)久々にダイワハイテックスに関する数字クイズです!!1450さて、何を表す数字でしょうか。チッチッチッチッチッチッチッチッチッチッチッチッチッチッチッチッ正解は、ダイワハイテックスが社員に配布した“課題本の累計冊数”でした!当社ならではの取り組み、賞与と読書感想文の物々交換。(東京本社は現金の入った封筒を本当に手渡されます)感想文を書く対象書籍を課題本と呼んでいます。そしてその本は、日頃の感謝を表すと共に少しでも売り上げの貢献をしたいという想いを込め、お世話になっている書店様から社員分まとめて購入いたしております。この取り組みが始まった理由は、会長が読書感想文を取り入れている他企業と出会ったことがきっかけです。ダイワハイテックスっぽくアレンジを加えて、約14年前からスタートしました。経営者と従業員が同じ目線で会社を創っていけるように従業員に自ら学んでもらえるように文章を自分の言葉で書けるようにこの他にもたくさんの狙いがあるのではないかと推測していますが、いち社員としては、後輩が入社したときに「以前読んだこの課題本がためになったよ」と言い伝えられた瞬間に、この取り組みがあって良かったな、読んで自分の言葉で書いていて良かったな。と感じています。過去が未来に繋がっていく感覚にワクワクします。14年前は40名弱だったダイワハイテックスですが、今では60名の規模となり毎年書店様から購入する冊数も増加。今冬の課題図書分を含めて1450冊になりました。あと4年後には2000冊超える見込みです。これからもダイワハイテックスの取り組みとして継続していけたらいいなと思います。(同様の取り組みをしてくれる企業が増えたらよりいいな。)さて、今冬の課題図書は、社長が社員に読ませたい1冊とし、『リーダー論』高橋みなみ(著)です!